BLOG 

◆ご案内◆【このサイトについて】

◆ご案内◆【このサイトについて】

ご訪問ありがとうございます。こちらは、管理人・【卯月美羽(うさぎ・みゅう)】によるオリジナル一次創作物を公開しているブログサイトです。※画像・文章等の無断複製・無断転載は禁止です。(この記事は常にサイトの一番最初に表示されるようにしています。)【◆闇騎士◆(ナイトメシア)~†††兎王子と人形姫の不思議な鏡迷宮†††~】という物語りの世界を描いています。【イラスト】【連続小説】【詩】など。。。【ギャグ漫画】...

~神アカシ篇~【ページ26】

次の日の朝。疲れていたのか、いつもより少し遅い時間に目を覚ました。窓から太陽の光が漏れ、外は良い天気だった。バルコニーに出ると、清々しい気分で大きく深呼吸をした。そんなナイトに気が付き、中庭で苺を摘んでいたメアリが、すぐさま駆け寄る。「体調は良さそうだな」安堵した表情を向けるメアリ。「おかげさまで良く眠れました」にっこり微笑むナイト。メアリは目覚めの紅茶を淹れてくれた。カップに口を付けると、苺の香...

愛のメッセージ55

それはきっと遥か未来から届いた最後のメッセージ。文明の心地よさに甘えて壊れてしまった青く綺麗な星。気付いた時にはもう遅かった。苦しみも悲しみの連鎖を、誰にも止められないよ。滅ぼすことが出来るのは、唯一救い出すことが出来るのも、我々人類だけなんだ。人間がこの世に生まれてしまったことが、間違いだったのだろうか。汚していくだけで意味などないのか。人類以外の存在は、皆誰もがそう思っている。この時代ならばま...

~神アカシ篇~【ページ25】

ナイトは気が付くと、またベッドに横になっていた。「う……」痛みが走り、頭を押さえながら起き上がる。周りは見慣れたヨーロピアンな部屋だった。気を失ったのか、いつの間にか城へと帰ってきていたようだ。「ナイトはん!大丈夫どすか~!?」チョビが慌てた様子で駆け寄ってくる。一緒にメアリも傍に寄る。少しぼんやりとしていたが、すぐにハッとして尋ねた。「そうだ、あの男性は……?」するとメアリは自分の胸に手を当て、優し...

~神アカシ篇~【ページ24】

ナイトが再び目覚めると、もうすっかり陽が落ちていた。いつの間にか眠ってしまっていたのか。メアリの血液が効いたのか、体調は大分良くなっていた。ぼんやりとしながら、ゆっくりと体を起こす。すると部屋のドアをノックする音がした。「ナイトはん、大丈夫どすぅ~?」学園から帰ってきたのだろう。いつものメイド服に着替えたチョビが、心配そうに顔をのぞかせる。「お粥を作らせてもろたんやけど、必要あらへんかったどすか?...

~神アカシ篇~【ページ23】

誰かが涙を流していた。捧げている祈りの言葉を感じる。どうかこの願いを叶えてくださいと――。気が付くと、ナイトはベッドの上に横になっていた。呼吸が苦しい。頭が割れそうに痛い。酷い吐き気もする。すぐ傍にメアリがいるのが視界に入った。「メアリ……。ワタクシは一体……?」テラスにいた所までは覚えている。「気を失ったんだ。……きっと、誰かがナイトメシアに祈りを捧げたんだろう。その反動で体がショック状態になったんだ」...

~神アカシ篇~【ページ22】

その日も変わらず、麗らかだった。いつものように、ナイトはテラスで椅子に腰かける。メアリと、人造生命体の三兄弟が、城の周りに巻き付いている蔦から、苺をもぎ取って、手に持っている籠の中に入れている。メアリはあれから何故、急激に植物が成長したのかを調べたが、何も解らなかった。緑色のスーツが持っていた植木鉢。間違って奇妙な生物を作り出してしまったのだろうか。苺はただの苺で、食しても何の問題も無い。はたまた...

~神アカシ篇~【ページ21】

何処からともなく聞こえてきたその音は、~~♪ギッ……~~♪ギコッ~~♪……ギッ~~。……とても下手くそだった。だが、かろうじてヴァイオリンだろうということが音から解った。しばらくの沈黙の間、ナイトは泣き止んでいた。ため息と微笑み混じりに、指で涙を拭った。「何なのデスか? この耳の痛くなる音色は」メアリが辺りを見渡す。「中庭の方から聞こえるな」言われた方へ歩いていくと、そこには三人の男性がいた。牢の中にいた...

~神アカシ篇~【ページ20】

小鳥のさえずる、麗らかな日の昼下がり。優雅にテラスで椅子に腰かける。ティーカップに入った紅茶を少し口にしてから、メアリに向けてナイトは言った。「お呼び出しは、まだ無さそうデスね」お呼び出しとは、ナイトメシアに願いの祈りを捧げる者たちのことだ。誰かが祈れば、心の中に声となって伝わってくるらしい。呼ばれているような気持ちになるらしいから、そう呼ぶことにした。ナイトメシアが人間の前に姿を現すわけではなく...
眠りの国のミュウ

眠りの国のミュウ

新しいトップページの背景用のイラストです。全部で3枚描く予定です(*^▽^*)が、なんだかこのイラストにするとバックの字が見えにくいような。。。;;このイラストだけだと何か変な感じなので、、もう1枚描いたらトップページに設定します;;...

About me

卯月美羽(うさぎ・みゅう)

Hi, there.

ようこそ!
★あなたは 羽目の
迷い兎さんです★


●ご案内

●作者紹介

●メールフォーム

●ショップ

●リンク

●掲示板!

●日記ブログ



■【世界観】

■【登場人物】

■【イラスト★】

■【~小説~】

■【漫画?】

■【詩♪】

■【その他】

◆新着記事◆


web拍手 by FC2
↑☆★拍手を送る★☆
(押すとランダムでキャラが出てきます♪)

にほんブログ村へ
▲ランキング参加中♪▲
お気に召しましたら応援クリックしてくれると、更新の励みになって嬉しいです★☆彡(*^_^*)
クリエイターコレクション イラストレーターコレクション