●サイトのご案内 ●作者プロフィール ●お問い合わせ ●グッズショップ ●リンク集 ●掲示板! ●日記ブログ
■【世界観】 ■【登場人物】 ■【イラスト★】 ■【小説】 ■【漫画?】 ■【詩♪】 ■【その他】 ◆新着記事◆


【星ワタリ編】~あらすじ~

四方を巨大な塀に囲まれ、決して外へ出てはいけないと謂われている不思議な魔法の国のような街、【ネオ・ネヴァーランド】。

病弱で泣き虫な戦争孤児の少女・【ミュウ】は、ある日不思議なうさぎのぬいぐるみ・【ナイト】&【メアリ】と出逢う。

ミュウの不思議な力で人間の姿になることができた二匹。ナイトはミュウの王子様として、メアリは二人の保護者として三人で幸せに暮らしていた。

だが、クリスマス・イヴの夜に届けられた奇妙なゲーム、【ナイトメア・メイズ】の駒を進めてしまったことから、平和だった日常が崩壊していく。

それは柩型の黒い鞄、世界の全てを視ることができるという始めたら終わりを視るまで止めることのできない呪いのような双六ゲームだった。

賽を投げてしまったことで今まで三人が生きてきたこの世界、街も住人たちも全てが造り物だったということが浮き彫りになる。

ある秘密を共有しているナイトとミュウ。そのせいでミュウは、ゲームの案内人【死神・ファントム】から命を狙われてしまう。

ナイトは自分が消えることがミュウの幸せを守ることだと考え、自ら塀の外の暗い谷底へと身を投げる。

ナイトが生きていると信じるミュウとメアリは、ナイトを追って谷底を下りてみることに。

そこでふたりが見たものは、戦争で太陽が滅亡し機械で構成された帝都に、様々な人種や種族が居住する摩訶不思議な惑星だった……。


↑☆★拍手を送る★☆

にほんブログ村へ
▲ランキング参加中♪▲
お気に召しましたら応援クリックしてくれると、更新の励みになって嬉しいです★☆彡(*^_^*)
★彡☆彡★彡☆彡