●サイトのご案内 ●作者プロフィール ●お問い合わせ ●グッズショップ ●リンク集 ●掲示板! ●日記ブログ
■【世界観】 ■【登場人物】 ■【イラスト★】 ■【小説】 ■【漫画?】 ■【詩♪】 ■【その他】 ◆新着記事◆


【神アカシ編】~あらすじ~

現代、日本の関東地方、海と山に恵まれたとある街に存在する巨大な【聖ロイズ・ヴァビロニアン学園】。

最近、生徒が突然行方不明になる事件や、夜の魔術師と呼ばれる者が辺りでイタズラをしていること、磁気の乱れによる月の異常な接近により地球はあと三百年で滅亡するなど、様々な噂が学園内を騒がせていた。

高等部三年生で生徒会長を務めている【輝神時翔(カガミ・トキワ)】は、そんな事件よりも修道院で暮らしている弟や妹たちのことのほうが重要だった。

一連の事件には伝説の【ナイトメア・メイズ】の物語りが絡んでいるのではと言われているが……。

この世界はひとつではなく鏡に映したかのようなもうひとつの世界が存在する。鏡の世界の【神・ナイトメシア】に祈れば、どんな願いでも叶えてくれる。

代償に、こちら側の世界から永遠に消滅してしまうが、あちら側の世界での絶対的な幸せが約束されている。

だが、どうすればナイトメシアに出逢えるのかは未だ謎のままだった。

幼い頃からそういった不思議な力を毛嫌いしているトキワは信じるはずもなく。。。

けれどある日、古い資料室で探し物をしている時に偶然、不思議な黒い柩形の鞄をみつけてしまったことから、もうひとりの自分だと名乗る【死神・ファントム】の姿が見えるようになってしまう。

さらにファントムの出現により、自分の姿が鏡に映らなくなってしまう事態に。

なんとかして今の現状を解決したいトキワは否応無く、一連の事件やナイトメシアを探し求める者たちの攻防に巻き込まれていく……。


↑☆★拍手を送る★☆

にほんブログ村へ
▲ランキング参加中♪▲
お気に召しましたら応援クリックしてくれると、更新の励みになって嬉しいです★☆彡(*^_^*)
★彡☆彡★彡☆彡