●サイト案内 ●作者紹介 ●メール ●ショップ ●リンク ●掲示板! ●ブログ

■【世界観】   ■【登場人物】       ■【その他】   ◆新着記事◆

■【イラスト★】   ■【~小説~】       ■【漫画?】   ■【詩♪】

追憶~【ユメノ・ナイト】~2

見知らぬ少女は、私の体を包み込むように抱きかかえた。

小学生くらいだろうか。髪をふたつ結びにした、とても小さな女の子だ。

こちらを覗き込んでいる。

「おうちにくる?ぬいぐるみちゃん」

優しく微笑みかけてくる。が、返事をかえしたくても声が出ない。

「いっしょに行こうねっ」

なし崩し的に彼女の家へつれて行かれることとなった。



バシャーーー

家に着くなり熱湯のシャワーを浴びせられた。

とても熱い。熱すぎる。熱くて体が痛い。

「ええと、せっけんせっけん……」

私の体がみるみるうちに白い泡に包まれていく。

「じっとしててね~」

そう言われても動けない。

「ぬいぐるみちゃん、黒かと思ったら白なんだね」

おかげで体の汚れは真っ白に落ちていた。

ブオーーー

ふわふわしたタオルに包まれながら、今度はドライヤーをかけてもらう。

これまた熱い。だが、抵抗したくても体が動かない。ただのぬいぐるみの様にされるがままになるしかなかった。

「乾いたら、やぶれたところも縫ってあげるねっ!」

嬉しそうに笑う。

……その言葉に背筋がゾッとした。

彼女は私を抱きかかえると、トントンと2階へと続く階段を上がっていく。

どうやら彼女の部屋らしい。

中に入ると……ギョッとした。

カーテンもピンク、ベッドもピンク、家具もすべてピンク色だった!なんというか……乙女チックな部屋だ。

可愛いぬいぐるみ達も沢山飾られている。

思わずその者達と自分の出で立ちを見比べてしまう。

場違いもいいところだった。

ぬいぐるみ達はみんな、華麗なドレスやキラキラしたアクセサリーを身に着けている……。

なのに私の体はボロボロでこんなところに居ていいものかと、急に居心地が悪くなってくる。

――そんなことを考えていると、ふと、窓辺に置かれている小さなツリーに気がついた。

チカチカ光る色とりどりのイルミネーション。

汚れきった私にとって、

あまりに美しく感じられて……

目が釘付けになった。

「……綺麗でしょ?……今日はクリスマスイヴなんだよ……」

……彼女の瞳が、ユラユラしていた。





◆つづく◆


↑☆★拍手を送る★☆
(押すとランダムでキャラが出てきます♪)

にほんブログ村へ
▲ランキング参加中♪▲
お気に召しましたら応援クリックしてくれると、更新の励みになって嬉しいです★☆彡(*^_^*)
★彡☆彡★彡☆彡