●サイトのご案内 ●作者プロフィール ●お問い合わせ ●グッズショップ ●リンク集 ●掲示板! ●日記ブログ
■【世界観】 ■【登場人物】 ■【イラスト★】 ■【小説】 ■【漫画?】 ■【詩♪】 ■【その他】 ◆新着記事◆


軌跡~【メアリ・ロード】~・黒兎

……自分が何時この世に生まれたのかなんてもう憶えていない。

きっとそれほど大昔のことなのだ―――。



「はぁ……。我ながら情けない姿になったもんだ……」

街角のショーウィンドウに映る自分の姿を、まじまじと見つめながら、俺は途方に暮れていた。

とりあえず、今俺の目の前に映っていることをありのままに話す。

俺は黒っぽい、うさぎのぬいぐるみのような姿をしている。

……もちろん、ふざけているわけでもなく、俺自身が元々うさぎのぬいぐるみ、というわけでもない。

俺の正体は悪魔戦士である。魔界で暮らしていたのだ。

それが何故こんなことになったのかと言うと、早い話が、

俺を好きだとかいう、しつこく迫る魔女の誘いを断ったら、呪いをかけられ人間界に堕とされてしまったのだ。

しかも、やっかいなのがこの呪い、【人間の女にキスしてもらわないと解けない】という条件つき……。

って、オイ。

「この姿じゃどう考えても無理だろ……」

本日2回目のため息が毀れる。

それにしても……。

俺はビルとビルの間に身を潜めてから辺りを見渡した。

今日はハロウィンとかいう人間界のお祭りがあるらしい。道行く奴らは皆、イカれた格好をしてやがる。

ドラキュラだの、ミイラ男だの、カボチャのお化けだの……。中には魔女の仮装をした奴もいる。

「うげえぇ……」

正直吐き気がする。これが噂のコスプレってやつか?

しばらく様子を窺っていると、やたら目を引くゴッチャリとしたフリフリの、いかにも可愛らしい洋服を着た女が歩いてきた。

「なんじゃアレは……」

うさみみ付けて、長いツインテールを揺らしながら、腕には白いうさぎのぬいぐるみを抱えている。

……なんとなくだが、その白いうさぎと目が合った。……気がした。

そんなことはない。ただのぬいぐるみだ。

しかも、なんか今の俺の姿と少し似てるしっ!!

めちゃくちゃ嫌な気分だ。早々にこの場を立ち去ろう。それがいい。そうしよう。

そう思った矢先……、

急に俺の足元が暗くなった。

「……なんだ?」

俺の体全部を覆うほどの巨大な影だ。

したっしたっ……と背後から迫ってくる足音が聞こえる。

「ニャァ~~ゴォ~~」

その声に、背筋がゾッとして体が凍りついた。汗が全身をほとばしる。

まさか……。冗談じゃねぇぞ。オイ。

正体はなんとなく察しが付いた。恐る恐る振り向くと、

影の主は巨大な、異常にデブった野良猫だった。

ああ……。やっぱりそうなんかい……。

うれしそうに俺を見てマウントポジションをとる。

どう見ても俺に跳びかかる寸前だッ!!獲物を見る眼だッ!!マジで喰われる5秒前ってやつか!?

ていうか俺はネズミか!?やられる前に逃げろッ!!

俺は無我夢中で走り出した。

……走り出した、のは良かったのだが、

勢い余って、さっきまで俺が眺めていた大通りのほうへ走り込んでしまった。

まずい!さっきの変な女とうさぎが!

方向を転換しようとした。……だが、

ごいんっっ!!

……街路樹に激突した。

野良猫の嘲笑う鳴き声が聞こえた気がした。

……ああ。俺はもう駄目だぁ~~……。

意識が遠退くのを感じた。





◆つづく◆


↑☆★拍手を送る★☆

にほんブログ村へ
▲ランキング参加中♪▲
お気に召しましたら応援クリックしてくれると、更新の励みになって嬉しいです★☆彡(*^_^*)
★彡☆彡★彡☆彡