●サイトのご案内 ●作者プロフィール ●お問い合わせ ●グッズショップ ●リンク集 ●掲示板! ●日記ブログ
■【世界観】 ■【登場人物】 ■【イラスト★】 ■【小説】 ■【漫画?】 ■【詩♪】 ■【その他】 ◆新着記事◆


軌跡~【メアリ・ロード】~7

外はどっぷりと夜に更けこみ、俺たちはミュウの家へと帰って来ていた。

俺がリビングのソファーに座っていると、ナイトがスリッパを鳴らしながら歩いてきた。

ナイトに尋ねる。

「あの子は?」

「……よほど疲れたのでしょう、よく眠っています」

「そうか……よかった」

ため息をつきながら、何故だかホッとしている……そんな自分に疑問を抱いてしまう。

ナイトがキッチンで茶を淹れてから、リビングに入って来る。やけに甘い香りが漂ってくる。

手にはティーカップを持っている。

「苺ミルクティー、あなたも飲みますか?」

「いや、遠慮しておく」

またあんな喉が燃えるような思いをするのはごめんだ。

「いらないんですか?おいしいのに~」

眉を顰めて舌を見せるナイト。

俺の向かい側のソファーに腰を下ろし、紅茶にくちをつけると、「ほう……」と一息だけついてカップをテーブルの上に置いた。

「ところで……いつまで長居をしているおつもりで?そのような下郎な姿にも戻れたのデスから、とっととお帰りになられては?」

ナイトが皮肉に笑い、口元を歪ませる。

「無茶言うな。角も牙も爪も無いし、大体肝心な翼が生えていない。これでは帰りたくても帰れない」

今の俺の姿はただの人間となんら変わらなかった。呪いはまだ完全には解けていないのだ。

あれは夢だったのだろうか?……あの時確かに俺の背中には黒い翼が生えていた。

「……さようデスか」

チッと舌打ちするナイト。

「……」

しばしの沈黙が流れる。ナイトの顔が浮かない。

「……気にしてるのか?あの子をすぐに助けられなかったこと」

ナイトはうつむいて、

「……ワタクシとしたことが、愚かな醜態をさらしてしまいましたね」

少しだけ笑ってから、虚空を眺めた。

……窓から見える月までもが不気味に紅く輝いている……。

やはり此処は何かがおかしい……。

だがそれが何かが解らない。考えようとすると意識が途絶えそうになる。

「……ナイト」

……今も、嫌な予感は止まらない……。

「おまえは一体何者なんだ?」

少しだけピクリと反応し、

「……何度も言っているように、ワタクシはただの不思議なぬいぐるみですよ」

確かに天使でも悪魔でもない……それは解る。だが、何なんだ?この嫌な感じは……。

「違う……おまえはぬいぐるみなんかじゃない」

ナイトは笑んだまま俺を見据えている。

「おまえは――」

白い髪の隙間から見える紅い瞳がギラリッと光った気がした。

「邪悪なる者だ!」

――……。

刹那、空気に緊張が張り詰めた。

俺は厳しい目線をナイトに向ける。

「ふふふ……」

ナイトは動揺した様子など微塵も見せず、

「ふ……悪魔にそんなこと言われたくありませんねぇ。それは貴方のほうではないのですか?」

気に入らないという感じで嘲笑し、全てを見透かしているかのような冷酷な瞳をこちらに向ける。

「この下等生物が」

――――。

窓も開いていない部屋の中で、ざわりっと一筋の風が……駆け抜けた気がした。

「いいですか?今後一切ワタクシの正体を暴こうなどと考えないこと、そうでなければもうこの家には居られないと思ってください」

ナイトが淡々と続ける。

意識が朦朧としだす。

――とてつもなく気分が悪い……。

「もしそれでもこの命令に背くというのであれば」

呼吸が荒くなる。異様な恐ろしさを感じる。

ナイトが杖の切っ先を俺の頬へ向ける。

「――貴方を殺してしまいますよ――」

――!!

瞬間、紅い瞳が異常なまでに輝きを増す。

吸い込まれそうなほど不気味に大きく見開く。

今までに感じたことの無い強烈な威圧感。立っていられないほどの気分の悪さ。

……世界が酩酊する……。

俺は床に平伏してしまっていた。

……こう見えても俺は魔界では上流階級の悪魔だったのだ。そのせいでやたらと長い名前だが、誰もが俺に忠誠し、ギャンブルも女もやりたい放題だった。

その俺が……初めて恐怖――恐ろしいという感情を抱いてしまった……。

「あれ……?どうしたのですか?メアリ」

全身から汗がほとばしる。体が凍り付けにされたかのように動かない。

空気まで薄い気がする。擦れそうな視界で懸命にナイトのほうを見る。

俺は顔を上げることすら出来なかった。

……だが、

……笑んでいる口元だけが微かに見えた……。





◆つづく◆


↑☆★拍手を送る★☆

にほんブログ村へ
▲ランキング参加中♪▲
お気に召しましたら応援クリックしてくれると、更新の励みになって嬉しいです★☆彡(*^_^*)
★彡☆彡★彡☆彡