●サイトのご案内 ●作者プロフィール ●お問い合わせ ●グッズショップ ●リンク集 ●掲示板! ●日記ブログ
■【世界観】 ■【登場人物】 ■【イラスト★】 ■【小説】 ■【漫画?】 ■【詩♪】 ■【その他】 ◆新着記事◆


†††闇王子と人形姫の不思議な鏡迷宮†††【夢九夜】

呪われた柩型の鞄の上で、賽を投げると始まるゲーム……。それが、【ナイトメア・メイズ】。

「白の書と、黒の書と、紅の書……どれがイイ?」死神・ファントムはミュウの体を抱きかかえたまま問い掛ける。

「はぁ?……なんだそれ?」メアリが睨んで聞き返す。

「【トラベラーズ・ダイアリー】」掌から分厚い三つの書物を取り出し、手を広げる。

「……まぁ、このゲームをやる上でのルールブックみたいなモノ……かなぁ?」

「おい!そんな訳のわからんゲーム、やるだなんて一言も言ってないぞ!」

「……ダメだよォ?だってキミたちは賽を投げちゃったんだから……それにもうゲーム始まっちゃってるしィ……」

ナイトは少しの間、瞳を閉じて考える。そして、思いついたように答えた。

「……青の書でお願いします」

「……青の書?」ファントムが首を傾げる。

「ハイ。青で」

「……そんなモノはないよォ?」

…………☆☆☆

「ワタクシは色は青が好きデス」

後ろでメアリが吹き出す。

「……青、ないのデスかぁ、チッ」……いかにも気に入らなさそうに舌打ちするナイト。

「オイw;真面目に考えろ!!」

ナイトがいつも身につけているマントの色も澄んだ藍だった。

「では、紅の書で」

「紅の書ネェ……OKェ……」ファントムの掌が光り輝く。

「おい……なんで紅を選んだ!?」

「むふふん♪……苺色みたいで美味しそうかと」……思いまして?ナイトがポッと頬を赤く染める。

「バカヤロォーー!!そんな理由かよぉーー!!」メアリは絶叫した。

足元に紅色の表紙の書物が落ちてきた。

「それじゃァ、キミたち煉獄逝きネェ……」

ふたりは動きを止める。「煉獄……?」

「この本の色で……このゲームで死んだ後の逝き先が決まるんダァ……」

「死……!?」

「そう……、白だと天国、黒だと地獄、紅は……」一瞬、虚空を眺める。

「……天国にも地獄にも逝けず魂のみとなり、永遠にあの世とこの世の狭間を彷徨い続ける……」

「お……い?……死ぬのか?そのゲームをやると……?」メアリが引きつる。

「……絶対に死ぬだなんて言ってないヨォ?……死ぬ可能性が高いヨ☆っていうだけのハナシィ……」

――――。

「――誰がやるか!!そんなゲーム!!」

「……だからダメだってば……。だってこのゲーム……途中で止めたりしたら、死ぬから……」

――!?

「キミたち皆、死んじゃうヨォ?……ついでにこの世界も一緒に滅亡だァ……。ボクはこのコの魂も奪えて一石二鳥だけどォ……」

ファントムは再びミュウを強く抱きしめる。

「タダでとは言わないヨォ?……もしこのゲームを最後までやり遂げて、生き残ることができたなら……一つだけキミたちの願いを叶えて、ア・ゲ・ル……☆」

願い……?

「どんな願いでも、ですか?」

「ウン……、どォんな願いでも、OKダヨォ……☆」

…………。

少し間を置いてから、ナイトは重い口を開いた。

「――そのゲーム、やらせていただきますっ!」むふふんっ♪と胸を張る。

「ナイト……?」隣りでメアリが驚く。「何言って――」言いかけたその声を遮る。

「大丈夫です、死ななければ良いだけの話です。……どちらにしろ後戻りは出来ないのでしょう?」

「それはそうだが……」突然のその言葉に、ただただ焦ってしまう。

「なら、進むしかないではありませんか。……それとも――」ナイトが瞳を鋭くする。

「このワタクシがこんな子供騙しなふざけた遊びに、負けるとでもお思いで……?」

まるで支配者か何かのように黒く重く、メアリを見下す。

「い、いや……」それ以上言葉が出せなかった。

…………。

「……ワタクシには、どうしても叶えなければならない【願い】があります」

ナイトが俯いて呟く。……メアリの位置からではナイトの表情は見えなかった。

……微かな風がナイトの髪を揺らし、ただ口元が笑んでいるのだけが見えた――。

「貴方はさっきどんな願いでも叶えると言いましたが、それは嘘ですね……」今度はファントムに問い掛ける。

「貴方には、ひとつだけ叶えることの出来ない願いがありますね?」

「……ヘエェ……やっぱり、そんなことまで分かっちゃうんだァ……」そう言われることを分かっていたかのように、

「どうしてバレちゃったのカナァ……?もしかして、知っていたのカナァ……?」笑う。

「さぁて、どうでしょうねぇ?」

メアリの胸の内にひとつの疑問が浮かんだ。――まさかナイトは……。いや、そんなはずはない。……そう思いたくなかった。

「そうそう……このゲーム、大昔にもやった者が居たんだけど……その時は世界戦争まで勃発しちゃって大変だったんだァ……☆」

ファントムは淡々と語りだす。

「その中で独りだけ生き残ったヤツがいたんだけどォ……面白いんだァ……」

ナイトに顔を近づけて問い掛ける。「そいつ、ボクになんてお願いしてきたと思うゥ……?」

ナイトは顔色ひとつ変えない。

「【殺してください】だってさあァ……笑っちゃうよネェ☆」奇妙な声で笑う。

「きっと、世界中で自分独りだけになったことに耐えられなかったんだネェ……でもせっかく生き残ることができたのにさァ……意味無いよネェ……」

――――。

「キヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒイイィ!!」

――異常……。異常だ……。メアリは気分を悪くした。

「……むふふ……ふふ……ふふふ……」

――!?

突然聞こえてきた声に背筋がゾッとした。――それはナイトの笑い声だった。

「ふふはははははははははは、あはははははっっ!!」

まるでゲームを楽しむ無邪気な子供のように、腹を抱えて笑い転げている。

「そうデスね……可笑しいですね……」涙を拭う。

「その者はまったく愚かです……世界中の者が死に、自分だけが生き残ったのなら逆に好都合ではないですか……」

メアリはそんな事態にただ見ていることしか出来なかった。……恐ろしい。とても恐ろしい。ナイトはそんな存在なのだと改めて感じた。

「この世界を我が物にするほどの力を、得ることも出来たであろうに……」

その笑みはまるで、【魔】をも【神】ですらも超越する、【何か】のようだった。

「そうだね……」

ファントムは笑うのを止めた。

にほんブログ村 イラストブログへ
▲ランキング参加中♪▲ お気に召しましたら応援クリックしてくれると、更新の励みになって嬉しいです★☆彡(*^_^*)
★彡☆彡★彡☆彡